T-shirts making the road

Tシャツの歴史

オリTを作る

お気に入り

洗濯の仕方

Tシャツのブランド



お問い合わせ

 


オリジナルTシャツを作る

オリジナルTシャツを作りたいと思った時の方法は業者さんにお願いするというだけではありません。大量にTシャツを作りたいのなら業者さんにお願いするのが確実で綺麗に仕上がる方法かもしれませんが、一枚や二枚と言った少数作成の場合、業者さん頼むと、かえって料金がたかく付いてしまう場合があります。しかしそれ以外にも、Tシャツを作る方法は色々とパターンがあります。自分で作るとなれば、もうできあがった時点で世界に一つだけのものなので究極のオリジナルと言っても良いかもしれません。そんなオリジナルTシャツの作り方をいくつか見ていきましょう。


シルクスクリーン

Tシャツ屋さんでもこの方法でTシャツを作っているという所がほとんどだと思います。版を使う方法でこの版を作成するのにお金がかかってしまうと言った事もあります。そこで、自分で作るシルクスクリーンの道具を買ってこれでTシャツを作るのです。これだと道具があれば、かなりクオリティの高いTシャツを作る事が出来ますよ。しかし道具を揃えるのに少々お金がかかってしまうという事もあります。いろんな種類のTシャツをこれからも沢山作っていくという場合には、ずっと使用することが出来ますし、版も残しておくことが出来るので、この方法が良いのでは無いかと思います。

転写シート

パソコンを持っていれば簡単、手軽に作ることが出来ます。デザインしたモノを専用のシートへプリントアウトして、それをTシャツに貼り付けるだけです。貼り付ける際もアイロンで付けますので、家庭にある道具だけでTシャツを作る事が出来ます。この転写シートは、モノによっては、一回、二回洗濯しただけで剥がれてきてしまうモノもあるので注意が必要です。一回しか着ない様なイベント専用のTシャツと言った場合にはこの方法でも良いかと思います。

しかし転写シート全てが洗濯すると剥がれてきてしまうワケでは無く、最近では質の良いモノもあるかもしれませんので、購入の際に店頭で専門の方に聞いて見ても良いかもしれません。

染める

この方法は、昔からの伝統的な方法というイメージがありますが、そこまで本格的にしなくてもTシャツを染めてオリジナルを作るのは以外に簡単なようです。染めをする時に使用する染料も簡単に手に入れる事が出来ます。ホームセンターに行って「Tシャツを染めたいのですが、染料はどこですか?」と聞けばすぐに案内してくれると思います。

この染めという方法は、デザインを楽しむと言うよりも、その染まった生地の風合いや複雑に入り込んだ柄などでTシャツを楽しむと言った感じになると思います。あまり派手なモノでは無く、落ち着いたかんじの独特の模様のTシャツを作りたいと言った方にもオススメだと思います。

ここで紹介したTシャツの作り方は、あくまでもこういった方法でTシャツを作る事が出来るというものです。この他にもTシャツを作る方法は沢山あると思いますし、上で紹介している方法を組み合わせて、染めたTシャツにシルクスクリーンなんて方法も面白いかと思います。この方法だけがオリジナルTシャツを作る方法ではありませんし、作り方もオリジナルで良いかと思います。染めやプリントをベースにレースやジッパー、裁縫を施して立体感を出すのも最近の流行です!世界に一つだけのTシャツを作るなら、作り方も世界で一つだけの方法を考えるというのもTシャツを楽しむ方法ですね!。

pickup

大型のスーツケース

ホームシアターとオーディオ・ビジュアルの専門店

最終更新日:2017/10/4

Copyright (C)オリジナルTシャツ工場. All Rights Reserved.

EditRegion5